• 大学職員

【締切間近】7/1オンライン開催「高等教育政策と課題をわかりやすく紐解く」

 

 

高等教育に携わる職員として持つべき知識を整理し、それをどう活かしていくかを考える

日々の定型業務にとどまらず、教育・研究や経営の質をより高めていくための仕事で成果を上げていくためには、
業務に関するテクニカルな知識だけではなく、大学の取り巻くマクロな動向など、
より視座の高い情報を常にアップデートしていくことが大切です。

本セミナーでは、大学職員がどのように価値を高めていけばよいかに関する示唆と指針を与えるべく、
日本の高等教育政策とその課題を網羅的かつわかりやすく紐解いていきます。
とくに、日本の大学が改革を求められる嚆矢である大学設置基準の大綱化から、
現在までの約30年間の高等教育政策に関して、いくつかのトピックを設け、
それらが大学の変容に、どのように影響を与えたのを考えることがねらいです。

新入職員の方にも「分かりやすく学べて自分の業務に落とし込める」と好評で、
職位や担当業務に関わらず、大学で働くすべての職員の方におすすめのセミナーです。

みなさまのご受講をお待ちしています!

開講日 :2024年7月1日(月)13:00~17:00(オンライン)
申込締切:2024年6月17日(月)17:00
講師  :吉田 文(早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授

詳細・お申し込み

<昨年の受講者の声より>
●高等教育政策の歴史と変遷をかみ砕いて説明してくださり、とても分かりやすかった。
●日頃の業務や会話で、常に耳にしていた言葉を理解できていなかったことに気づいた。
本学の取り組みを改めて見直し、把握するとともに、若手職員との情報共有を行いたい。
●事務として日々の業務をこなすだけではなく、大学運営に携わっているという気持ちで仕事したいと思った。

お問い合わせCONTACT

各種セミナーや研修・サービスなどについて、ご不明な点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
© Waseda University Academic Solutions Corporation. 上に戻る