• ヒューマンスキル

Win-Winコミュニケーション研修

カリキュラム例

業務を取り巻く環境が多様化する中で、私たちは意見や立場、価値観の異なる人たちと良好な関係を維持しながら、協働していくことが求められています。
そういった異なりを持つ相手とお互いのニーズや利益を満たしながら、創造的に問題解決を進めていく考え方(コンフリクト・マネジメント)とコミュニケーションプロセスを学びます。
その上で、相手の真のニーズを探るための傾聴力や質問力、適切に自己表現を行う伝達スキルなどの対人コミュニケーションスキルを習得します。
意見や価値観の異なる人と協働し、共存していくためにはもはや「察し」だけでは通用しません。
相手との真なる理解を築く「対話」を基礎としたコミュニケーションが不可欠です。
本研修では、大学におけるケース教材を使ったワークや身体エクササイズを通して、コミュニケーションスキルのベースとなる心を作り、感性を育むことで、実践に役立つスキルの習得を助けます。


多様化する社会と価値観
・社会の変化と多様性
・コンフリクトの肯定的側面
・本当のWin-Winとは(二重関心モデル)
コンフリクト・マネジメントの実践
・コンフリクトの分析視点
・事例分析(立脚点把握、ニーズ把握、問題の再焦点化)
協調的問題解決のためのコミュニケーションスキルトレーニング
・心を開く・判断保留(パラフレーズ)
・聞く・聴く(傾聴とは)
・前向きな表現(リフレーミング)

お問い合わせCONTACT

各種セミナーや研修・サービスなどについて、ご不明な点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
© Waseda University Academic Solutions Corporation. 上に戻る