• テクニカルスキル
  • 2024/07/09
  • オンライン

大学職員のためのアンケート調査の設計

大学業務の中でも、アンケート調査 を実施する機会は少なくないと思います。しかし、調査票をなんとなく作成しがちではないでしょうか。アンケート調査票の設計の基本を押さえれば、より効果的なアンケートができるようになります。
本セミナーは、初学者向けにアンケート調査票の設計の基礎について学ぶことができます。講師の豊富な経験にもとづくTipsもご用意しています。

アンケートは聞きたいことがきちんと聞ける調査票にすることが肝要です。アンケート調査は、インタビュー調査のように後から質問を追加することができません。ですから、最初に綿密な設計が必要なのです。また、仮説に基づき情報を整理してから調査票を設計することで、前後比較をしたり経年変化をみたりと複数の調査結果を統合した新しい分析が容易になります。コストをかけて集めたデータを有効活用し、業務改善、新しい提案のエビデンスとして活用していきましょう。

===
本セミナーでは、事前に調査票を送っていただくことで、講義内で設問設計のアドバイスを行います。事例として講義内で紹介してもよい方は調査票を送付ください(※秘密情報に係る分はご指定ください)。
===

【セミナー終了後のゴール】
・アンケートの企画書を作ることができる
・仮説に基づいた設問設計ができる
・適切な設問のワーディングや回答方法が選定できる

概要

プログラム

予定(変更の可能性があります)
1.オープニング
・ 講師紹介
・ アイスブレイク
・ グループ分けを行います

2.アンケート調査の特徴
・アンケート調査の特徴
・アンケート調査設計の流れ

3.アンケート調査設計の実践
・調査実施設計(アンケート調査の企画書づくり)
・設問設計(仮説づくり、ワーディングや回答方法の選定)

4.まとめ
・ふりかえり
・質疑応答
※演習にはMicrosoft社のPowerPointを使用します。

対象のめやす

若手職員(アンケート設計が初めての人、アンケート調査はしたことがあるが、体系的に学んだことがない人)

日時

2024/07/09(火)13:00~17:00

※申込受付期間 2024年2月1日(木)~2024年6月25日(火)17:00 締切

開催方法

オンライン開催

※本セミナーは、ウェブ会議システム(Zoomミーティングを予定)を使用して実施いたします。お申込みいただいた方には、セミナー開催の約1週間前に、当日参加用のURLをお送りいたします。
※カメラ・マイク機能付きのPCをインターネットに接続してご参加いただける環境が必要です。

受講料

【個人単位でお申込みの場合】14,300円(税込/一人あたり)

【大学(法人)単位で一括お申し込みの場合】申込タイプにより異なります。詳細はこちらをご確認ください。

定員

50名

講師
Photo
  • 重根 美香(しげね みか)
  • 早稲田大学アカデミックソリューション 社会連携企画部 教育研究コンサルティング第二チーム チームリーダー・コンサルタント
  • プロフィール
    2004年3月、東京大学新領域創成科学研究科 博士課程修了(環境学)。明治大学理工学部研究員を経て、2017年4月から現職。
    明治大学では、環境や安全・安心なまちづくりに関する住民意識調査、小中学生意識調査を主に実施し、早稲田大学アカデミックソリューション入職後は、リカレント教育やアントレプレナー教育に関する意識調査を主に実施している。
お申し込み

お問い合わせCONTACT

各種セミナーや研修・サービスなどについて、ご不明な点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
© Waseda University Academic Solutions Corporation. 上に戻る